イベント情報

SNSアカウント

「なぜ伊吹とよへはイベントを開催するのか」

最近新しく伊吹とよへを知ってくれた方々、
プライベートで関わらせてもらっている方々が
この特設ページを読んで、

2人がイベントにかける想いを
少しでも知ってもらえたらとても嬉しいです。

伊吹とよへ 2人の出会い

伊吹とよへ は2人組の動画クリエーターです。

よく、”伊吹とよへ”で一つの名前と間違われますが、
とよへではなく、伊吹 と よへ 
「と」は&です。笑

共同生活中の相方に小さないたずらを仕掛けたり、
料理したりたわいもない日常を
YoutubeとTiktokで投稿しています。

そのほかにも、イベントのMC出演や、
ラジオ、役者など、マルチインフルエンサーとして
活動しています。

2人は高校時代からの同級生。

大真面目な合唱コンクールで、
全校生徒の前でHYDEのモノマネをした
「ヤバいやつ」として有名になった伊吹と、

「おもろい奴がいる」と
学年の生徒の中で噂されていたよへ。

直接話したことはなかったけど、
お互いに存在は知っている関係性でした。

そんな2人が仲良くなったのは高三の文化祭。

同じ文化祭リーダーの役職につき意気投合した2人は、
大学に入ってからも仲が良く、
唯一、お互いのアツい話ができる友達でした。

お金を稼ぐのはどうすればいいのか、
なんか周りにチヤホヤされたい!
他の友達には照れ臭くて話せないようなことも、
伊吹には、よへには、話したいと思える。

そんな特別な存在だったそう。

大学を卒業後、2人は離れ離れに。

昔から「有名になること」が夢だった伊吹は、
1人でインフルエンサーとしての活動を始めます。

一方のよへは、大学卒業後、
パイロットになる夢を追って単身カナダに留学。

留学中よへが理想と現実の
ギャップの壁に直面していた時期、
伊吹も同様に自分が持つ夢を共に歩める仲間を
探し求めていました。

(一人で活動していた伊吹)

IMG_8828

(カナダ留学中のよへ)

そんなとき一番に伊吹の頭に浮かんだのは、
高校時代に唯一自分の夢を馬鹿にしないで
応援してくれたよへの顔でした。

カナダにいるよへに、
「一緒にTikTokをやらないか」と電話で誘います。
伊吹の想いを聞いたよへは、
なんとそれを聞いたの次の日に帰国。

その日から「伊吹とよへ」としての活動が
スタートしました。

これが2人の結成のエピソードです。

200万人達成と挫折

それから、瞬く間にTiktokで有名になった伊吹とよへ。

4年前の国内TikTokユーザーの中で、
2人の動画を知らない人がいなかったと言っても
過言ではないくらい、
おすすめフィードに毎日いぶよへの動画が
流れてくるという時期すらありました。

そんな、当時の2人が掲げていたのは
登録者数200万人という目標です。

200万人達成したらきっと新しい景色が見える。
そう信じて、多い時期は1日3本投稿をしながら
がむしゃらに努力を重ねました。

そしてついに来た、200万人達成の日。
きっと世界が変わると信じていた2人は、
ショックを受けます。

待っていたのは今までと同じ日常、
現実は何も変わらなかったのです。

それと同時に、自分たちが今まで数字ばかりを
追い求めすぎていたが故に、
活動当初から応援してくれていたファンの方々が
離れていってしまったことに気づきます。

自分たちが求めていた景色は
そこではなかったことに気がついた2人は、
改めて真剣に向き合あった末、
新しい夢を掲げます。

「リアルイベントで3000人のファンを楽しませたい」

文化祭リーダーとしてみんなを楽しませることに
無我夢中になっていた高校時代。
みんなが楽しんでくれていることを
実感した瞬間が何よりの喜びだった。

 
全く性格の似ていない2人の根底には
同じ想いがありました。

2人はそこから新しいスタートを切ります。

リアルイベント主催にかける想い

伊吹とよへは現在、
動画投稿は今まで通り続けながら同時に、
活動の本命であるリアルイベントの開催
力を入れています。

2022年11月、伊吹とよへ初となる
リアルイベント「どっきり祭」を主催。

たくさんの課題が残ったものの、
約150人のファンの方が来場してくれました。

「楽しかった」と言うファンの生の声を
聞いた時の喜びは今でもずっと心に残っています。

その後もイベントを定期的に開催。

今までで4回のリアルイベントを開催しました。

43944703-D1F9-43BA-AE33-49AC547EBC1A

(2023年2月 初めてやるライブ)

(2023年6月 初オンラインライブ)

(2023年8月 アイドルデビューライブ)

(2023年10月 大阪ライブ)

無所属で活動する理由

そんな伊吹とよへですが、現在、
事務所には所属していません

活動当初は事務所に所属していましたが、
チーム全員それぞれがやりたいことを
100%できる環境を選んだ結果、
無所属で活動していく決断をしました。

急な余談ですが、
伊吹が作詞した「ハンカン」には
そんな思いが込められているので、
ぜひ聞いてみてください。笑

いろんな大人に反対され、馬鹿にされ、
裏切られた伊吹の実体験をもとに
歌詞が書かれました。


え!?なんで分かってもないのに
そんな無理ってすぐいえんの
え?なんで周りと違うことしただけで
すぐ馬鹿にできんの?

言いたいことが言えなくなって
言われたことだけひたすらやって

思い出してよあの頃の君
何も気にせず動けた日々
面倒臭いのは考えないで
自分に嘘つくのはやめて

やりたいことだけで
生きていくと今決めた

自由な活動を手にいれるということは、
同時にたくさんのリスクを背負うことでもありました。

本来は事務所がやってくれるようなイベント運営や、
サイト運営、グッズ制作などのすべての工程を、
自分たちで行なわなければいけない。

そのため毎回新しいプロジェクトが始まる時は、
まずは0から調べて知識をつけるところから
スタートするのがいぶよへチームのおきまりです。

また、チームに在籍するメンバーの生活や、
イベント運営費用などを賄うのは、
主に伊吹がインフルエンサー業以外で集める資金のため、
表の活動とビジネス面の動きを両立しながら
チームを支えなければならないという、
無所属クリエイターならではの苦難もあります。

(伊吹とよへメンバー)

ただ、どんなに大変な思いをしても、
ファンのみなさんのことを一番知っている人が、
その声に耳を傾けながら共にイベントを
作り上げることこそに大きな意味があるため、
これからも無所属での活動を続けていきます。

長くなってしまいましたが、
いぶよへの活動の意味、
少しでも伝えられているかな?👀

ここまで読んでくださってくれた方、
本当にありがとうございます。
あと少しで終わります。

最後に、

今回のイベントについて

最後に、今回の新しいイベントについて。

2024年3月23日に過去最高の動員数となる
300人ライブの開催が決定しました。

イベントのテーマはズバリ、「いぶよへランド」

今までの動画を見てくださってきた方にとっては
お馴染みのキャラクターや、料理、歌などが
登場します。

ライブの垣根を超えたテーマパークのような
楽しいイベントです。

また、最近力を入れている””にもご注目!
ボイストレーナーによる授業と
自主トレーニングをノルマとして、
少しずつ歌の技術を高めるために頑張っています。

自分たちのオリジナル曲も多数披露する予定です。

ただ、このイベントが2人のゴールではなく、
あくまでも3000人のライブ開催までの通過点です。

何よりもみなさんにワクワクと感動と
勇気を与えることのできる最強のエンタメは、
「伊吹とよへの挑戦の一部始終」
なのではないかと思います。

だからこそ、
まだ未完成の今の2人に会いに来てほしい!そして3000人の景色をみなさんと一緒に見れたら本当に最高です。

ぜひ応援よろしくお願いします!

最後までご精読ありがとうございました!

 

プレゼント送り先

東京都渋谷区神南1-19-14 クリスタルポイントビル4F PPP STUDIO株式会社

伊吹とよへ 宛

※注意事項※ お送りいただいたプレゼントはスタッフが確認後クリエイター本人にお渡しいたします。一度お送りいただいたファンレター・プレゼントは、原則としてお返しできません。必ず【対象のクリエイター名】を明記の上、お送りください。オフィスへの直接のお持ち込みはお断りさせていただきます。危険物、飲食物、生もの、生き物、現金、金券(切手・ギフトカード・プリペイドカード含む)などについては、スタッフの判断により、受け取りをお断りさせていただく場合がございます。あらかじめご了承ください。送料不足、着払いなどでお送りいただいた場合は受け取ることができません。バレンタインデー、誕生日などの贈り物も、上記の注意点についてご確認をお願いいたします。何卒ご理解とご協力のほどよろしくお願い申し上げます。